毎日に百人を超える日本人が利用する日本人専用ピンポンマンションを紹介!

その前に台湾のピンポンマンションをランク分けを紹介する:

  1. 現地の低収入の方が利用するのはベトナム人やタイ人の女の子がいる所
    料金は3500元〜4000元くらいで、日本の昔の言葉でいうとチョンの間、約15分くらいで発射しないとだめ。一番問題なのは台湾で不法滞在の女の子ばかりですので、不当就労や不法滞在が原因でお客もトラブルに巻き込まれる。今台湾社会で重視しているのはこういう場所でのAIDSなどの伝染が半端じゃないそうだ。
    フェラだけで感染る性病、肌接触で感染る皮膚病、下半身の接触での毛じらみなどの問題によって、台湾当局の衛生局(性的伝染病係)、移民署(日本の出入国管理局にあたるセクション)が強制対策に出ている。
    こうした問題のピンポンマンションに日本人を連れて行くのは路上キャッチ(ポン引きと言われる人達)、彼は路上客引きを行なっているため、問題があってもなかなか見つからないから。今回の台湾取材でわかったのは有名な本物台北夜遊び情報部の名前をパクって偽台北夜遊び情報部の星野瞳または星野晃という悪質グループが客を平気で最低なピンポンマンションに入れて高い差額をとっていることがわかった。
    ※星野と名乗る悪党について別ページで詳しく報告する
  2. 現地の一般の方が利用するのは値段が安い中国人女性のピンポンマンション
    料金は5000元前後で、面倒臭そうな顔でさっさとやれよと言わんばかりに発射を急がせる中国大陸女。日本でよく見かける品のない中国女性観光客を思い出してもらえばわかるはず、とっても気持ちがいいセックスとは言わない。
  3. ここで私が強くおすすめ日本人客専門高級ピンポンマンション
    台湾現地の可愛い若い女の子を集まり、これぞ台北風俗ピンポンマンションだ!
    場所は小綺麗で衛生なホテルの一室やマンションのワンルームに入っている、お値段は一律6000元だけで、素敵なプレイができるから嬉しいよね。
    シャワールーム、場所によっては浴槽もあり、話を聞くと一ヶ月に1回はオーナーから強制で性病検査もしているそうで、フェイスやスタイルもよく、じっくりとセックスを楽しんで精液注入した瞬間は大満足であった。

ここ三年間台北に行く時は上の3番で紹介した日本人専門高級マンションへは必ず足を運びます、仕事で疲れた精神を癒してくれます、強く強くおすすめしますよ。
それに台北エリアであれば、無料でお出迎え車も出してくれて、親切なお兄さんが案内してくれる。終了後は車が空いていたらホテルまで送ってくれることもあって、私の場合約10回利用して、3回は無料で送り返してくれました。その他は忙しそうなので、自分でタクシーに乗って帰った。

今回の相手はスレンダーでサービスがいい楽楽さんでした、裸体はとっても魅力的でした。

台北ピンポンマンション

日本人専用ピンポンマンションの予約はLINEでID検索: @pinpon

QRコードの読み込みでも友達追加できるので、貼り付けておきます。

公開しない台北風俗遊びはこのLINEに連絡